トップページ | 初めての稲作と現在の状態 »

自己紹介

 はじめまして、今日からココログの仲間入りをします。

 よろしくお願い致します。

 私は自然農法に興味があります。平成5年に家庭菜園を始めて平成9年から18年まで、主にはEM菌を活用した自然農法を学んでいました。

 ( ちなみにEM菌とは人間側から見て善玉となる微生物が複合されたもので、主には乳酸菌、酵母菌、放線菌、光合成細菌などの微生物で自然界にはどこにでもいる微生物です。 )

 しかし、自然農法はとても手間がかかり、夏は雑草との闘いに明け暮れ、いつまで経ってもその環境から抜け出すことは出来ず、経験は重ねてもいつも一年生のままでありました。

 そして平成18年に転機がありました。

 転機というよりも挫折です。それまで長年一緒に農業をやってきた仲間とうまくいかず、その農場を離れなければならなくなってしまったのです。

 でも、そのときに自分が理想とする自然農法に巡り会うことが出来たのです。

 それが炭素循環農法というものでありました。

 実はそれに出会う前から課題としていたことがありました。

 どうしたら土の中の微生物たちを活発にさせることができるのだろうか?

 その一点に的を絞ってずっと悩んでいたのです。

 微生物を活発にさせるには環境を整える。そのためには水、ミネラル、基質などを考えました。

 そして良質の水に転換する工夫やミネラルの活用など、ほぼこれでうまく行くかも知れないと、それらの資材が揃ったとき、農場から離れなければならない事態となったのです。

 

 ・・・そのときは途方にくれました。

 しかし、それは自分の考えの間違いを気付かせてくれるためのものだったのです。

 それが炭素循環農法との出会いでした。

 

 特別なものなど何も要らない。

 そのときやっとそのことに気付き、新たな意欲が湧いてきたのです。

 そして今年、4町歩の田んぼと1反ほどの畑を授けていただくことができました。

 

 文章を書くのは苦手で拙い文しか書けませんが、今までのそんな体験と日々の様子をお伝えします。

 

 簡単ですが、自己紹介とさせていただきます。

 新たな出会いに感謝申し上げます。 

|

トップページ | 初めての稲作と現在の状態 »

自然農法」カテゴリの記事

コメント

ブログ開設、おめでとうございます。

いつもmixiでは大変中身の濃い記事を読ませていただき、多くのことを学ばせていただいております。

こちらのブログも今後のますますのご発展、お祈り申し上げます。

投稿: まーぼう | 2009年8月 6日 (木) 22時17分

まーぼうさん

書き込み、ありがとうございました。
こちらこそよろしくお願い致します。

そして穂が出揃った時期に圃場を見せてください。
そのときはまた連絡させていただきます。

誠にありがとうございました。

投稿: げんき | 2009年8月 7日 (金) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248068/30697863

この記事へのトラックバック一覧です: 自己紹介:

トップページ | 初めての稲作と現在の状態 »