« 台風を前にして | トップページ | 炭素循環農法・稲作での感想 »

無肥料栽培の強さ

Image5001

Image5011

台風が過ぎ去ってすぐに田んぼに行きました。

 どれくらい稲が被害を受けたのか、それがとても気がかりでした。
 
 ・・・・・ところがです。

 稲は倒れずにあの強風の中をずっと踏ん張ってくれたのです。

 いちばん上の写真の手前一部が倒れ掛かった状態ですが、稲たちはなんとか持ちこたえてくれました。
 心の底から稲さんに御礼を致しました。

 雨量も凄かったようです。

Image5021

完全に水を落としていたのですが、上の写真のようにたくさん圃場には水が溜まり、水尻に向かって勢いよく流れ込んできています。

 付近の田んぼを見に行くと一部の圃場は悲惨な状態になっていました。

Image5031

水がついているところに倒れた稲は放っておけば発芽します。
 約半年もの間、時間をかけて育ててきて、たった一度の台風でこのような姿に至るとは、本当に見るに忍びなく、自分も切なくなりました。

 
 今年初めて無肥料栽培に取り組んで、色んなことを学びました。
 それについては、後ほど日記に書こうと思っていますが、何と言ってもいちばんの違いは稲の美しさではないかと思いました。
 台風の直撃を受けながらも、黄金色に輝く稲の姿。

 本当に見事な美しさです。

 これが無肥料栽培のなせる業なら、多くの人に知らせたい。
 またひとつ貴重な体験を台風を通じて学びました。

|

« 台風を前にして | トップページ | 炭素循環農法・稲作での感想 »

自然農法」カテゴリの記事

コメント

炭素循環農法実践者をキーワードにネットサーフィンしていたら貴ブログを発見しました(^-^)
はじめまして。私は林さんの手抜き農法HPにリンクしているふうちゃん農園です。
今回の台風でも稲が倒伏しなかったとのことですが、手抜き農法ではあたりまえとさえ言えますよね。私の手抜き農法稲も少し靡きましたが倒伏に至ってません(^-^)
それどころか、4年前の結構強いダウンバーストでも手抜き農法稲は倒伏しませんでしたよ(この時は驚きましたが・・・)
稲の美しさも同感です。
『たんじゅん農法』HP開設者の城さんに会われたという方が、先日当農園を訪ねて来られて、慣行農法稲と手抜き農法稲を見比べて、手抜き農法の稲は美しい黄金色だが、慣行農法稲はくすんで死んだような色だと評していましたよ。

投稿: ふうちゃん農園 | 2009年10月10日 (土) 19時32分

炭素循環農法HPに載っているふうちゃん農園です。
はじめまして。
稲の美しさは素晴らしいですよね。
私の手抜き農法稲も倒れませんでしたし、4年前にはダウンバーストで1度寝てしまった稲が1週間くらいで少しですが起き上がりましたからね。この時はビックリしましたよ(笑)

投稿: ふうちゃん農園 | 2009年10月10日 (土) 20時03分

ふうちゃん農園さま

コメントありがとうございました。

新潟でアスパラを栽培されておられるのですね。
存じております。

10月11日に、この圃場の刈り取りを行いました。
最後の最後に至って、収量において嬉しい結果がでましたので、次の日記を書くところです。

炭素循環農法は面白いです。多くの方に伝えたい農法でありますし、広がっていく農法であるとも思っております。
やらなきゃ損だと思いますね^^

投稿: げんき | 2009年10月13日 (火) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248068/31707840

この記事へのトラックバック一覧です: 無肥料栽培の強さ:

« 台風を前にして | トップページ | 炭素循環農法・稲作での感想 »