« 冬本番 | トップページ | 小沢氏の野望、なぜ崩壊か 1 »

冬至の長い夜に・・・

急に襲った寒波も過ぎ去り、今日は穏やかな一日となりました。

 Image6061

鈴鹿山脈は雪化粧、田んぼの雪は解けましたが、花畑の影にはまだ雪が残っています。

Image6041

そんな中、本日は冬至を迎え2009年も残すところ一週間あまりとなりました。

そして、来年ははたして如何なる年となるのだろうか・・・・。

 以下はある情報研究所から頂いたお手紙です。
 
 『 いよいよ2010年が到来します。おそらく激動激変の時代と思われます。
 師走の騒々しい中、特に12月15日付けの朝刊各紙には、第一面で大々的に、天皇の中国国家副主席・習近平との「特例」会見が、「天皇の政治利用」につながるかどうかが論じられていました。
 加えてその翌日の16日、民主党は衆議院選で掲げたマニフェストの大幅な軌道修正を政府に求めました。政権奪取前は楽観視してきた財源が見つからず、公約の実現が困難と判断されたためです。
 2010年、日本はEUの政治統合の後、「ユダヤ戦略」とフリーメーソンにより、いかなる進路をとらしめられるのでしょうか。
 一方、世界を揺るがすであろうイラン情勢も激しく動き出しました。
 イラン革命の指導者、故ホメイニの肖像画が燃やされた事件が背景にあるからです。イランは完全に分裂状態になってまいりました。このことがきっかけとなって、イスラエルによるイラン攻撃が起き、第五次中東戦争へと拡大するのでしょうか。
 同じイランで12月16日、射程距離2000キロの最新型ミサイルの試射が行われ、目標に到着致しました。イスラエルやアラブ諸国の大半を射程内に収め得ることが判明したのです。・・・ 』

 『先日、福岡で国際時事講演会をさせていただきました。そして同じ頃、ある企業で聖書講義第4弾を開催致しました。
 ・・・
 福岡での国際時事講演会には、九州各地から多くの方々がお集まりくださいました。師走の中、小雨まじりの日曜日でございました。
 国際時事講演会で、「あの太平洋戦争の目的は何であったのか」をメッセージ致しました。すべての虚飾、すなわち大義名分などを取り去ると、「アジア諸国から金塊を奪取する」ことが目的であったことがわかります。
 あの太平洋戦争で日本人も、またアジア各地の多くの人々も死にました。傷を受けた人々はなお多かったのです。しかし、すべてその真相は隠されてきました。しかし、メッセージにおいて、隠された「金塊」を取り上げ、戦後の不思議な日本の復興パワー、そしてこれからの日本についてのある部分などを明らかに致しました。
 国際時事講演会でありますがゆえに、イラン問題など多くのことを取り上げましたが、過去の「太平洋戦争とは何だったのか」にも焦点をあてた興味深い内容です。
 さらに聖書講義・第4弾「ユダヤの裁判、イエスに何を見たか」の内容は、今も続くユダヤ民族のイエスに対する反発についてです。2000年経った今も、なぜユダヤ民族はイエスを憎悪し続けるのでしょうか。イエスとはいったい何だったのでしょう・・・イエスは十字架刑を前にしても前進に次ぐ前進でした。
 その心境は何か、そしてイエス生誕800年前に書かれた旧約聖書・イザヤ書の預言を引用しつつ、その心境に迫るメッセージを致しました。
 このメッセージはユダヤ戦略によるこれからの世界情勢の裏側を読むために、大いにご参考にしていただけるものと思います。
 激動激変が予想される2010年、日本及び世界の情勢の底流を見極めつつ、未来へ向って進みたく存じます。』




 2012年の冬至まで、残り3年・・・・・。
 マヤ暦の終わり・・・。
 ・・・しかし冬至を過ぎると昼の時間は次第に長くなりやがて頂点の夏至に至ります。 そして夏至の日、その日は伊勢の夫婦岩の間から朝日が昇る日であります。そしてその光のラインは四国剣山と千葉鋸山を結ぶ日です。
 徳島と千葉は阿波と安房。これはかつて預言者イザヤが契約の箱を携えて淡路島から阿波へと渡った古代ユダヤのルーツのひとつ。
 また伊勢の度会郡には蘇民将来という渡来人の伝説があるそうです。
 さらに宗教家岡田茂吉は昭和6年夏至の日に千葉の鋸山で祝詞を奏上し、東天から昇る朝日と共に「夜昼転換」の啓示を受けました。 
 
 夏至は昼が一年で最も長く、冬至は一年で最も夜が長い日でもあります。 
 そして、冬至のその次の日が現天皇陛下のご生誕であること、また一・八・十・成ると書く元号の不思議さや日の丸、東方の国等など、今年もまたそのような日本の不思議を考えさせられた次第でした。
 

 参考
 天皇の金塊
 http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E9%87%91%E5%A1%8A-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E4%BA%94%E9%83%8E/dp/4054036007


|

« 冬本番 | トップページ | 小沢氏の野望、なぜ崩壊か 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248068/32704465

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至の長い夜に・・・:

« 冬本番 | トップページ | 小沢氏の野望、なぜ崩壊か 1 »