« 日本再生へのビジョン 3 2002年4月号「エノクNO.229」より | トップページ | ある方の日記より・・・ »

坂本龍馬と終末期の日本 2

『 「 日と月 」   昭和24(1949)年10月25日 岡田茂吉

 宗教上より見たる日と月について説明してみるが、これははなはだ神秘幽玄にして、コジツケとみらるる節なきに非ず、しかしこれは真理である以上、心を潜めて判読されたいのである。

 日本古代に三種の神器がある。これは璽(たま)、剱(つるぎ)、鏡という事になっているが、すなわち玉は日であり、剱は月であり、大地は鏡によって表徴されている。玉は太陽の形であり、剱は三日月の形であり、鏡は八咫(やた)の鏡と唱え八凸(はっとつ)に分れている。
 すなわち東西南北、艮(うしとら)、辰巳(たつみ)、坤(ひつじさる)、戊亥(いぬい)の八方を型どったものである。
 この三種の中で大地は判り切っていて説明の要はないが、日月については深い意味があるから、それを書いてみよう。

 ここで解りやすくするため、天理教で唱える説を借りてみるが、それは月は突きであり、日は引くという意味で、日月とは引きと突きであるという。
 これはなかなか面白い解釈と思う。それは夜の世界においては何事においても突く事を好む。大にして国と国とが互いに突き合う。
 戦争がこれである。衝突という事も突き合いである。古代における戦争は剱で突き合った事は明らかである。
 それが転化して交際することもつき合いという。文字が違うだけで言霊は同一である。突進むという言葉は勝利を意味する。全く月の働きであり、夜の世界を表わしている。

 右に引換え、ヒキ、ヒクは、退く事である。引寄せる、陣を退く、敗北する、腰を低くする――というようにすべて月と反対であり、この理によって昼の世界はすべてがヒキの働きであるから、負ける事を善しとする。
 人間では謙譲である。これでは争いの起りようはずがない。
 吾々の方では風邪を引く事を良いとしている。
 
 目的が病貧争絶無の世界をつくるというその争がなくなるのは、以上の意味から考えらるるのである。日すなわち火素の活動が主である以上、月でなく引きを心に銘じて活動すべきで、それによって多くの人が引寄せらるるのである。

 また日は玉であるから、円満清朗、円転滑脱でなくてはならないのはもちろんである。 』

 

 ・・・小生は世界救世教の開祖であった岡田茂吉という方と、リバティ情報研究所の宇野正美氏が述べられることはこれからの時代を読み取る貴重な情報ではないかと思っております。

 岡田茂吉氏は何よりも”自然界の摂理”を”規範”にすることを説かれていますが、そもそも自然界そのものは偶然に出来上がったものではなく、大いなる意思のもとに造られたものであるということに立脚しています。そして、その捉え方こそ聖書的な発想そのものであるのでしょう。

 一方、宇野正美氏は”聖書”に重きを置いております。

 それで自身の絶え間ない聖書研究によって、世界の人々の考え方や、様々な問題の根底を探り出されておられます。
 その聖書の中で、まず旧約聖書では天地創造から始まって人類の誕生、ノアの艱難、そしてユダヤ人の登場に至り、その歴史や未来感が多くの預言者たちによって記録され、救世主が現れることも預言されていたのでした。

 そしてユダヤ人の中からイエスという人物が登場します。

 そして彼の生き方、彼の行い、さらには未来感が新約聖書に記録され、彼こそ救世主であったことが、その中に述べられていたのでした。

 宇野氏はこの聖書を知ることが非常に重要であると言われました。
 そして世界の歴史の多くには、その暗部においてユダヤ問題が絡んでいたことは真実であろうと述べています。

 しかし、岡田氏自身は宗教家であり、また多くの日本人は聖書というと宗教というイメージを強く抱いてしまう傾向があります。そして、これが大きな壁となってしまうのですが、その壁を越えた向こうに、これからの時代に必要とされる大きなヒントが隠されているように感じるのです。

 宇野氏は日本の再生を考えたときに、明治政府が目指そうとした当時の国家ビジョンを見直さなければならないというような主張をされていました。

 それで前回紹介させていただいた日記がその内容でありました。その中でイエスをはじめ、吉田松陰、西郷隆盛、大西瀧治郎といった方々を取り上げられてはいるのですが、坂本龍馬という人物も、その範疇にあると思われるのです。

 それで、今年始まった「龍馬伝」には、不思議なものを感じます。それはドラマという脚色されたものではあるのですが、これからの時代を探る上で、彼の生き様というものが重要なヒントになるのではないかと思われるからです。

 そして当時を探る上で、以下のサイトを紹介させていただきます。

 1. ユダヤの日本侵略450年の秘密 太田龍・著 

  http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/library408.html

 2.属国・日本論 副島隆彦・著 

 http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/zokkoku.html

 3.坂本龍馬とフリーメーソン  鬼塚五十一・著

 http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hitokuchi023.html

 4. あやつられた龍馬  加治将一・著(以前の日記で紹介)

 http://tanjyun-tenuki.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-f2c8.html

 おそらくこのようなサイトの内容は「龍馬伝」では描かれないと思います。
 しかし、龍馬が駆け抜けた時代の歴史の表裏を眺めながら、今の時代と照合すると大事なものが浮かんでくるように思えるのです。

 そして、あの当時の日本の情勢というものが、今現在においても当てはまるのではないかと思えてしまうことなのです。

 人に押し付ける気持ちはありませんが、そのような視点でさらに見つめていきたいなぁ・・・と小生は思うようになったのであります。

 

|

« 日本再生へのビジョン 3 2002年4月号「エノクNO.229」より | トップページ | ある方の日記より・・・ »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248068/33272301

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬と終末期の日本 2:

« 日本再生へのビジョン 3 2002年4月号「エノクNO.229」より | トップページ | ある方の日記より・・・ »