« 日本再生へのビジョン  1  イエス・松陰、そして大西瀧治郎 | トップページ | 日本再生へのビジョン 3 2002年4月号「エノクNO.229」より »

日本再生へのビジョン  2 岡田茂吉氏の論文より

日本再建の指針 

「 私は今日本今後の国策を論じてみようと思うが、その前に先ず日本という国の使命を語らなくてはならない。
 
 抑々この世界に於いて数多くの国があるが、何れの国といえども神が世界経綸の必要上、それぞれ本来の使命を与えてある。固より日本といえどもそれに漏るるはずはなく、特殊の使命のあることも当然である。

 然るにその使命が今日まで判然していなかった為、人間の勝手な解釈の下に甚だしい間違いを行い、その結果現在見る如き惨澹たる国家となった事は今更言うまでもない。
 日本歴史をひもといてみれば明らかなる如く、昔から英雄や豪傑が輩出し、その殆どは戦争という暴力を振るって権力を掌握し、人民を塗炭の苦しみに遭わせ、国土を荒廃に帰せしめた罪悪は随処に見らるるのである。
 これを一言にして言えば、日本歴史は権力者の権力奪い合いの記録でしかなかったと言ってもいい。
 そうしてその最後の大詰めが今次の太平洋戦争であった事は疑う余地のない事実である。それが為、建国以来人民は権力争奪の為に如何に大なる犠牲を払わせられたであろう。全く日本には人民の歴史というものが無かったにみても明らかである。

 しかし右の如き長い期間中に間歇的に平和時代もあった。飛鳥、白鳳、天平、平安、足利、鎌倉、桃山、元禄、享保、文化、文政、明治等で、その間短いながらも平和文化の発達があり、その遺産として今日僅かに残っているものもあるが、それはその時代を語る絵画、彫刻、美術工芸品等であるが、この僅かな平和期間にして尚且つ今日見るが如き素晴らしい美術品が製作されたという事は、日本人が如何に卓越せる美的要素を有しているかが知らるるのである。
 
 次に日本の風土である。日本くらい風光明媚なる国はほかにないという事は、外客の絶讃おかない処である。また草木、花卉類の種類の多い事も世界に冠たるものがあり、四季の変化も他国にその比を見ないそうである。それが山川草木の変化に現れ、春の花、夏の青葉、秋の紅葉、冬枯れ等それぞれの季節美を発揮している。また建築に於いての木材その他の自然美を活用する技術も特有のものであり、美術及び美術工芸品に於いての、淡白と気品に富んだ香り高い日本画や、独特の蒔絵、陶磁器等に至るまで、外人の垂涎措(すいせんお)く能わざる処のものである。
 戦争中、京都・奈良の美を保存すべく彼のウォーナー博士の努力によって空襲を免れたという事も、外人としての日本美術の理解による為であった事は勿論である。その他食物に於いても魚介野菜の種類の多い事と、調理法のその一つ一つが自然の味を生かす技術も独特の文化であろう。

 以上によって考える時、日本本来の使命が那辺にあるかを窺い知らるるのである。それはいうまでもなく、自然と人工を美を以て世界人類の情操を養い、慰安を与え、平和を楽しむ思想を豊かなしむべき大使命のある事である。これを具体的にいえば、日本全土を挙げて世界の公園たらしめ、凡ゆる美の源泉地たらしむる事である。

 然るに何ぞや。本来の使命と凡そ反対である処の軍国主義をモットーとし、長い間それに没頭他を顧みなかった事で、以上の意味に目覚めて深く考える時、如何に誤っていたかを知るであろう。見よ、敗戦の結果軍備撤廃という空前の事態も、全く日本の真の使命を悟らしむべき神の意図でなくて何であろう。
 そうして軍備廃止に就いて日本人中無防備国家として憂慮する向も相当あるであろうが、それは杞憂に過ぎないと思うのである。何となれば、日本が世界の公園として、善美を尽くし、地上楽園の形態を揃える事になるとすれば、万一戦争の場合、敵も味方もこれを破壊する勇気は恐らくあるまいと思うからである。
 
 本教団に於いても、ここに見る処あり、己に着手し、または準備中のものに箱根・熱海の風光明媚なる地点を選み、庭園美、建築美の粋を尽くした小規模ながら将来における地上天国の模型を建造製作し、それに付随して美術及び美術工芸品の海外紹介所ともいうべきものを設置し、また花卉栽培とその輸出を目的とする一大花苑を企画し、熱海の隣接地に目下三万坪の土地を勤労奉仕隊の手によって開発中である。
 これに就いて特に言いたい事は、日本の多くの輸出品中最も特色ある繊維品は或限度を越える事は困難であり、機械類、造船、汽車、電車、自動車、自転車や雑貨等も高度の文化国へは大衆向の普通品に限られ、民度の低い国の需要を漸く満たす位である。高級機械類、雑貨、文化資材等に至っては米国始め他の先進国に追いつく事は前途遥遠であろう。

 以上の意味によって、今後日本のとるべき国策としては、観光事業と美術及び美術工芸品、花卉類の輸出において、将来性のあるものは殆ど無いと言っても過言ではなかろう。
 しかしながら最も関心事であるものとして日本人の健康問題がある。
 如何に観光施設が完備し、外客憧憬の的となったとしても、伝染病や結核が瀰漫(びまん)していては、折角招待しようとしても美邸の門を閉ざしているようなものであろう。また今一つは日本産の野菜である。日本古来の人肥の如き寄生虫伝播の恐れあるものを使用する一事は、外客誘致上少なからぬ障害となろうから、本教の主唱する無肥料浄霊栽培を実施すべきで、この点実に理想的である。これによって右何れもの障害は除去され得るのである。
 
 大体以上の説明によって略々認識されたと思うが、日本の国土にこれ等計画や施設が完成された暁、吾等が唱える地上天国は如実に出現さるるのであって、如何なる国といえどもこの事を歓迎しない筈はあるまいと思うのである。 」

|

« 日本再生へのビジョン  1  イエス・松陰、そして大西瀧治郎 | トップページ | 日本再生へのビジョン 3 2002年4月号「エノクNO.229」より »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248068/33262862

この記事へのトラックバック一覧です: 日本再生へのビジョン  2 岡田茂吉氏の論文より:

« 日本再生へのビジョン  1  イエス・松陰、そして大西瀧治郎 | トップページ | 日本再生へのビジョン 3 2002年4月号「エノクNO.229」より »