自然農法

今年、林さんから学んだ事柄

  先ず始めに、今年もまた林さんがブラジルから帰国されました。

 3月に日本にやって来られ、今日本各地の炭素循環農法実践者を訪ねられ各地で講演されています。

 林さんのこの恒例とでもいう行事は全て無償なのです。

 それで4月29日、小生の田畑も見ていただくことが出来ました。

 その前日、伊勢神宮に行かれるという事でご一緒させていただきました。

 そして外宮の鳥居をくぐったとき林さんは次のようなニュアンスで話されました。

 「神社は願いや祈りをするために来るところではない。もし、神に祈りが通じるのであるならば、とっくのとうに平安な世界は訪れている。多くの聖者と呼ばれる方たちが今までどれほど祈りを捧げたのか、しかし世界は変わってはいないのが、その証しであるのです・・・・・。それよりも神様の願いを叶えてあげること。私はそのために神社に訪れるのです。」

 小生も多くの方々と同じように、今まで何十回といろんな神社に行かせてもらったことがあります。でもこのとき生まれて初めての体験をすることとなりました。

 外宮の参殿に林さんが入ったとき、奥の幕が吹き上がって来たのです。

 そして林さんは参拝をされませんでした。でも小生にはそのとき天が林さんに挨拶をされているような気がしたのです。

 それで小生もこのとき初めて生意気にも手を合わすことをしませんでした。それでも喜んでいただけたと思ったのです。

 

 その林さんから今年学ばせていただいたことを、以下に紹介させていただきます。

  今年もまた3月にいろんな種を蒔きました。
 でもどの作物もいい苗ができなかったというか、小さい苗が多かったのです。
 
 ・・・でも。
 今、その苗に変化が現れてきたようです。

 46735190_27958568141

 (定植直後のレタス、植えてあるかどうかも分からないほど苗が小さかったです)

48607010_18505166511

  (現在のレタス)

 定植してから現在まで、ご覧のようにレタスの成長は止まっているかのようです。
 寒さのせいも若干あるかも知れませんが、養分の補給がなされていない状況であります。

 それが・・・。

48607010_28930083331

 (葉色が良くなり大きくなったレタスを発見)

 そのような状態の中で、少し変化が現れてきました。

48607010_42627649621

(この写真にも養分補給の兆しが現れたものがあります。小さいながらも葉色がよくなってきています)


 肥料を使えばこのようなことは分からないかも知れません。しかし、大きくなり始めたレタス、また葉色が好転し始めたレタスは明らかに養分供給がなされてきた状態であると思うのです。

 林さんは剪定チップの目安は1ヵ月に1センチ、その厚みになる量を投入するのがベターだと言われます。
 でも、それはあくまでも微生物の餌である以上、肥料のような感覚で取り扱うことはダメなのです。
 
 剪定チップを投入して、その投入されたものが微生物の餌として食べられ始めるのに約3ヵ月がかかるそうです。
 ですからそれを見越しての活用法が重要なポイントであったのです。

 「未来側から今を見る」

 林さんはいつもこの視点を身に付けなさいと言われております。

 それで、林さんの言葉通りの視点に立っていたならば、今回のレタスのような生育は防げていたかも知れません。
 定植後すぐに安定した養分供給を受けることが出来ていたかも知れないのです。

 「微生物の側に立って、作物の栽培時期に合わせていく。」

 そして、それを手っ取り早くした方法というか、その目安を林さんは「剪定チップの投入目安は1ヵ月に1センチ」と話してくれたのだと思いました。

 ただ、今までの肥料の投入量によって土壌の転換時期は異なることもありますが、炭素循環農法をやり続ければ「必ずいつかは到達できる。」と、そんな感じを強く受けました。

 
 表層5センチに微生物の餌を与え続けると同時に作物の栽培を続けるならば、作物が土を耕してくれるそうです。
 そして年々耕土は深くなり、早ければ3年で3mほど細い支柱が入るくらい土は団粒化していくと言われました。

 そこで取れた作物の味は、おそらく今まで一度も味わったことのない至高の味とでもいうのでしょうか、まさに創造主が与えてくれた天の産物であると思われます。

 ブラジルで約2年でそれに近いところまで到達した日系人の農家がおられるそうですが、日本ではまだそのせいぜい50%位までしか到達していない状況であるそうです。

 「自然界から生まれるものには貪欲になって取り組む事。」

 以上、今回の地元での交流会、及びまーぼうさんが開かれた交流会で林さんから学ばせていただいて胸に残った事柄を紹介させていただきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様の願い

忙しいという言葉は「心を亡くす」と書きますので、あまり使いたくない言葉であります。

それほど言霊というものは不思議な力を持っているものであるからです。

でもこの時期はやはり忙しくなります。

Crim0019

Crim0033

田植えはもう少し先になりますが、今、二度目の無肥料栽培の稲作へ向けて慌しい日々を送っています。

Crim0022

そういえば、先日ブラジルから一時帰国されている林さんが当地へ足を運んでくれました。

Crim0019_2

Crim0021_2 

まだまだ転換中の畑なので、見ていただくほどのものではないのですが、当日は26名の方が集まって来られ林さんのお話に熱心に耳を傾けておられました。

Crim0022_3

Crim0026

林さんは今全国各地で炭素循環農法を実践されている農家を回っておられます。

前日、一日日程に余裕ができたということで、一緒に伊勢神宮に行かせてもらうことができました。

約40年ぶりのお伊勢さんであったそうです。外宮、内宮と訪れる中で林さんは言われました。

『神社はお願い(祈り)に来るところではない。神社は神様の願いの実現に向けて「私に任せてください」と挨拶にくるところなのです。』

Crim0024_3

外宮の参殿に入り、皆が手を合わせているのに、私たちは手を合わすことをしませんでした。

でも小生は感じました。

奥の垂れ幕がゆっくりと吹き上がったことで、林さんが来たことに神様は喜んでおられると感じたのです。

・・・・・無償で全国を回るということ。

日本の裏側にあたるブラジルから日本に来ることだけでも大変なのに、それから約6週間にわたって全国を駆け巡っておられるのです。

その思いは神様の願いとでもいうのでしょうか。

そのお役に立てるのであるならば、この忙しさで心を亡くすことはないだろう。

小生はそのように思ったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よきお年をお迎え下さい

Image6131

Image6141

Image6181

Image6171

Image6191

Image6221

Image6211

昨日、お餅をつきました。

 今年は鹿児島の知人からレーベンという活水器を頂戴したので、そのお水に二昼夜浸け込み、それから蒸してついたのですが、いつもよりつき上がりが早い感じを受けました。

 無肥料栽培の餅米とこだわりの水で、できたお餅です。
 今年はそれでささやかな贅沢を味あわさせていただきます。

 そして、家の片づけをしていたら、懐かしい本がでてきました。

 その最初に紹介されていたご夫婦が下の写真です。

 Image6151

この方はブラジルサンパウロ州で現在はきのこ栽培をされていますが、ブラジルでいちばん最初にEM菌を活用された方で、その後炭素循環農法に至られた峰さんご夫婦であります。

 小生は平成8年、このご夫婦の農場を訪ねさせていただき、広大なじゃがいも畑を見学させていただいたことがあります。
 そして今年になって、この方が林さんと共に炭素循環農法=別名手抜き自然農法を確立されたことを知りました。

 久しぶりに峰さんの笑顔を拝見することができました。
 
 小生も来年は手抜き農法二年目になります。
 まだまだ、転換にはほど遠い状態かも知れませんが、しかし静岡の城さんという方は同じく今年から炭素循環農法を始められて目覚しい土壌の転換がされたというお話を聞きました。

 転換一年目の記録
 http://www4.tokai.or.jp/tanjun/CCP023.html

 ・・・未来側から学ぶ姿勢。

 来年も顔晴ってまいる所存です。
 
 皆様には今年一年誠にありがとうございました。
 来年もよろしくお願い致します。

 よきお年をお迎え下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬本番

やっと当地も冬らしい季節になってきました。
 鈴鹿山脈もうっすらと雪化粧、寒い朝を迎えました。

Image6001

新しくお借りした畑の周りの整備もほぼ終わり、今は最後に残った土手にチップを敷き詰めています。
 当時の状態を思うとホントにさっぱりとした畑になりました。
 
 ばら蒔きの麦も10cmほど伸びてきています。

Image6011

来年春にはこの麦を鋤き込んでじゃがいもをまず植えようと思っていますが、土手側にはカボチャを植えて土手カボチャを作ってみようとも思っています。

 今年も残すところ二週間余り、めっきり寒くはなりましたが、昨日、春キャベツの苗を植えた後、上にチップを敷いていると、膝をついたところからチップの温かみが伝わってくるのです。
 それで寒さをしのぐことができました。

 また旬の自家野菜を毎日食べているせいか、風邪とは無縁の生活を送ることもできています。
 
 今年一年の感謝を込めるにはまだ少し早いかもしれませんが、なんとか元気で過ごせたこと、大地の恵みに感謝してます。

Image5941

(チップ屋さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酵素ドリンク・初めての仕込み

今日は隣のおかあちゃんとその知人と三人で酵素ドリンクを仕込みました。

 仕込みは4種類でみかん・かりん・金柑・タンポポです。

Image5961

(タンポポ)

 今回の仕込みはレーベン水を使って仕込むのですが、まずは材料を1時間ほど、レーベン水に浸けこみます。

 そのあと材料を醗酵させる容器に入れ、そこへ少量のクエン酸と塩、そして砂糖を混ぜて容器が一杯になるまでレーベン水を注ぎます。

Image5971

(左からかりん・金柑・みかんです)

Image5981

(タンポポ)

仕込みは以上で終わりです。
 あとは醗酵状態を見て、適宜にガス抜きや攪拌を行い、醗酵がある程度完了したら、中の具材を除いてペットボトルに移し変えます。

 今回はみかんの皮が萎びていたので、仕込には使いませんでしたが、おそらく皮ごとのほうがいいのではないかと思います。
 それで金柑はそのまま仕込みました。
 また、かりんは皮が汚れていたので適当に切りました。そして、タンポポは根と葉を中心に少し花も入れてみました。

 以上、醗酵が始まったらまた報告致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無肥料栽培の強さ

Image5001

Image5011

台風が過ぎ去ってすぐに田んぼに行きました。

 どれくらい稲が被害を受けたのか、それがとても気がかりでした。
 
 ・・・・・ところがです。

 稲は倒れずにあの強風の中をずっと踏ん張ってくれたのです。

 いちばん上の写真の手前一部が倒れ掛かった状態ですが、稲たちはなんとか持ちこたえてくれました。
 心の底から稲さんに御礼を致しました。

 雨量も凄かったようです。

Image5021

完全に水を落としていたのですが、上の写真のようにたくさん圃場には水が溜まり、水尻に向かって勢いよく流れ込んできています。

 付近の田んぼを見に行くと一部の圃場は悲惨な状態になっていました。

Image5031

水がついているところに倒れた稲は放っておけば発芽します。
 約半年もの間、時間をかけて育ててきて、たった一度の台風でこのような姿に至るとは、本当に見るに忍びなく、自分も切なくなりました。

 
 今年初めて無肥料栽培に取り組んで、色んなことを学びました。
 それについては、後ほど日記に書こうと思っていますが、何と言ってもいちばんの違いは稲の美しさではないかと思いました。
 台風の直撃を受けながらも、黄金色に輝く稲の姿。

 本当に見事な美しさです。

 これが無肥料栽培のなせる業なら、多くの人に知らせたい。
 またひとつ貴重な体験を台風を通じて学びました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アベルのように (ある方に宛てた手紙)

  拝啓 秋の気配も日増しに強くなってまいりましたこの頃、お元気でご活躍のことと存じます。

さて、私事でございますが、今年念願の百姓生活が出来るようになりました。

もっと早くにお伝えしたくは思いましたが、実りの秋を選びまして報告させていただきました。

思えば、「ひまわり」では大変お世話になりました。また、その場を離れたときには要らぬ心配をお掛けして大変申し訳ないことを致しました。しかし、そんな私を励ましてくれた数々のお言葉は力強い支えでありました。

今でもありがたく感じております。

 

今春より、4町歩ほどの水田と1反ほどの畑を授けていただくことが出来ました。それでまた、お米や野菜の栽培にいそしむ事が出来るようになりました。

お送りさせていただいたお米は、その水田で無肥料栽培で穫れたものです。

ご笑味下さい。

以前、聖書講義において先生に「カインとアベル」のお話を拝聴したことがありました。

あのお話は自然農法に携わる者にとっては衝撃の内容でありました。自然農法は手間隙がかかるのでカインの気持ちがオーバーラップしたからです。

それで、そのお話を聞いてからずっと自然農法はどうあるべきか、自分なりに考えました。その答えというものが頂けたのが「ひまわり」を離れたときでありました。

「炭素循環農法」との出会いで、自分は無肥料栽培に切り替えました。造物主がお造りになられた大自然の法則を生かす農法。それが炭素循環農法だと感じたからでありました。

炭素循環農法では土の威力は微生物の力、その力を生かすことが人間の行う作業であります。そして、諸悪の根源は肥料であり、人間の努力であるといいます。それは、自然界の法則に逆らうことになり反自然行為になるからです。

この内容にふれて、私は「カインとアベル」の物語を理解することが出来ました。

アベルの気持ちになって、私は作物のことは微生物に全て任せて、微生物の管理を行いました。微生物の飼育係りです。

炭素循環農法では水田は地力と水力を生かします。土の中の微生物、水の中の微生物を活性化させてお米の場合は生育されます。

それに使われる資材は稲わらと稲株で、それが微生物の餌となります。そして環境を整えるのが水です。

自然農法の創始者である岡田茂吉は人口増加に対して責任がとれる農業こそ自然農法であると言われました。その理由は造物主の許しによって人口が増えるのだから、増えれば増えた分だけ食糧生産は可能となるそうです。

私は炭素循環農法を主宰される方から、反収15俵を目標にしなさいと言われました。

そして出来る限り手を抜けとも言われました。それでアベルのように、なれるのではと感じました。

以上、拙い内容では御座いますが、自分の思いをお伝えさせていただきました。

誠にありがとう御座いました。

最後に、これからも先生のご活躍は多くの方々に勇氣と智恵を与えてくれます。

ますます元氣な先生となられることと確信しております。

今後ともご指導ご鞭撻、よろしくお願い申し上げます。

                                       敬具

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無肥料栽培収量報告

昨日、やっと自主流通のお米を刈り入れることが出来ました。

予定した日が雨だったので、一日遅れとなりました。

それで、その日は6反の稲刈りをして、松沢さん宅へ運びました。
 松沢さんの家までは車で少し飛ばして20分くらい、ですから軽トラで一々運んでいては大変なので、アルバイトでお世話になった鍛冶屋の親方にも無理を言って、2tのワイドトラックもお借りしたのです。

 これなら一度にフレコン3袋積んで走れるので効率が上がります。
 
 本当に色んな方に助けていただいて今回の稲刈りは始まりました。
 感謝の気持ちで一杯です。

 Image4681

フレコンをホイストでつり上げて、ホッパーに生のお米を入れます。
 そこから乾燥機にお米は一気に送られます。

Image4671

私はこの作業は全く初めてで、一連の作業をさせていただきました。
 そして松沢さんに籾の色艶を見ていただきました。

Image4661

そして、「うん、きれいな色をしている。」と言っていただいたときは飛び上がるほど嬉しかったです。

 乾燥はひと晩で終わるので、その翌日、乾燥させたお米を籾摺りして選別し、袋詰めを行います。
 肝心の収量がどれくらいあるのか?それがとても気にはなりますが、それよりも嬉しさの方がなぜかこみ上げてきたのでした。

 生のお米は3反分がフレコンで3袋、目方は大体1.5t弱ではないかと思います。

 水分は20%くらいで、15%に乾燥させればその分目方は減ります。また、くずのお米やモミガラも出ますので、はっきりした収量は今の時点では分かりませんが、籾摺りすればはっきりします。

 でも、結果がどうあれ今更どうすることも出来ません。全ては来年の課題になります。

 それよりも外にこぼれたお米の籾を取って黒い紙の上に置いたら透けていました。透けたお米は良いお米といわれるので、それも嬉しくなってしまったのです。

 それにしてもお米作りに関しては、自分は苗を植えただけと、若干の草を取っただけ、そして刈り取っただけです。
 後は何もしていません。
 たったそれだけなのに実ってくれたこと、本当に感謝感激でありました。

 何はともあれ袋詰め作業が終ったら、残り3反のキヌヒカリを刈り取ります。それでキヌヒカリは終了で、後は10月初旬に刈り取る予定です。

 

 それで本日は、お米の籾摺りと袋詰めを行いました。

 Image4691

Image4711

Image4741

この作業も初めて経験したのですが、流れ作業になるために一人ではやりにくい作業のように見えました。

 それで松沢さんご夫妻の応援をいただいたのですが、作業を分担していても、追われながらの作業でした。

 そして収量は6反で39俵、反当り6俵半の換算になります。
 またくずのお米は約40キロありましたが、松沢さんはくずが少ないと言っていました。
 ただ、熟し過ぎから玄米の艶が少ないようでありました。

 思えば、今回の無肥料栽培、炭素循環農法の実践に当たって、私は肝心の稲ワラを冬場に燃やしてしまったのです。
 ですから今回の圃場の収穫は稲株と極力行った深水管理でありました。

 身近な方に無肥料で栽培する事を伝えてはいるものの、もし収量が極端に少なかったら、ただでさえ頭がおかしく思われているのに、やっぱりこいつは本当に頭が狂っていたと見向きもされなくなるからでした。
 それは正直のところ不安でした。

 お米を亡き義父の家に運んでいると、早速ご近所の農家の方がやって来ました。
 「どれくらいあったんや?」
 開口一番、その方も興味を持って見ていてくれたのか、そのような言葉をいただいたのです。

 「6俵半ありました。くず米は40キロでした。」

 その方は元肥、穂肥えを使って7俵とれたと言ってました。
 

 今回の結果から、来年のお米作りにさらなる意欲が湧きました。
 ただ、転作で麦を作るところはいつまで経っても転換中の圃場となるので、大きな期待は出来ませんが、実は三枚の圃場(5.5反)では麦作りに向いてないということで、それが免除されていることを知ったのです。
 これは本当にラッキーでした。
 その圃場こそ、お気に入りの圃場なので、来年は林さんの言われたやり方で出来る限り行こうと思っています。

 さぁ明日は最後のキヌヒカリを刈り取ります。
 
 この時期は慌しい毎日ではありますが、稲作ではいちばん充実するのが収穫時です。
 嬉しい悲鳴は本当にありがたいことですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望の稲刈り

 Image4581

昨日、やっと当地にまとまった雨が降りました。
 本当に感謝感激! 大根とナバナの芽が出ていました。
 でも、8月に播種したものは蒔き直さなければ駄目なようです。
 さて、畑の話はこれくらいにして、今日から稲刈りが始まります。
 まずは農協へ出荷するキヌヒカリ(1町6反分)からです。


 思えば昨年、倒伏したコシヒカリを刈り取るのに大変な思いを致しました。
 田んぼもじゅるじゅるで稲は株元から泥が付いたまま抜けてしまい、そのままコンバインに絡まって立ち往生したことがありました。
 しかも何度も何度もこのようなアクシデントに見舞われて時間ばかりが費やされ、予定は大幅に狂ってしまうし、おまけにコンバインのベルトも切ってしまって、現場修理に余計な時間も費やされたのです。
 そんな苦い体験を思い出してしまったので、少し心配になりました。
 田植えの時もそうでしたが、田植え機にしろコンバインにしろ一年ぶりに使う機械は最初の注意が肝心ですね。

 当地は朝から快晴でしたが、昨日の雨で稲が少し濡れていたので、乾くのを待って9時半くらいから始めました。
 そしたらやはり最初刈り始めたときに稲がドラムに送るチェーンのプーリー部に絡んでしまったのです。
 でも今年のアクシデントはたったそれだけで、簡単に復帰し、後は順調に9反分の稲を刈り取ることが出来たのです。^^(よかったです)
 また、カミさんの応援もあったので比較的スムースに作業が運んで助かりました。
 でも明日は一人の作業となります。一人は少し面倒な部分もあるのですが、まぁ出来ないこともありません。

 農協出荷のキヌヒカリは残り7反、出来れば15日には保有米を刈り取りたいので、なんとか目処をつけたいのです。
 でもあまりあせらないように心掛けて、ぼちぼち作業を致します。

 当地は明日も秋晴れです。顔晴ります!

 Image4591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しく借りた畑と夕方の田んぼ

 先日、田んぼのヒエ取りを終えました。

 そして、新しく借りた畑の”育土”を始めました。

 よく”土作り”と皆さん言われますが、小生はその言い方が好きではありません。

 何故なら人は土は作れないと思うからです。土は天が与えてくれたもの、そしてその土を育てるのが授かったものの役目だからです。

 子どもも同じで、夫婦になって子どもが出来てもそれは授かり、人間が子どもを作ることは出来ないのです。

 育土の要は微生物の環境作り、それには何と言っても餌は欠かせない資材です。そして微生物の餌は高炭素資材なので、荒れて草ぼうぼうになった草を刈ってから、一度耕して、本日は剪定チップを投入しました。

 Image4211

 まずは一輪車で等間隔に剪定チップを運び、その後、レイキで慣らしました。

Image4221

この畑は150坪くらい、そこに約2トンの剪定チップを入れて、最後に浅く鋤き込みました。

Image4231

あとは作付けにかかりますが、まだここで何を栽培するのか決めていません。

でも、育土はまだ始まったばかり、土が転換されていくには3~5年かかるとも言われていますので、まだまだこれからになるのでしょうね。

田んぼの場合の育土に必要な資材は稲ワラと稲株、そして水です。

そして田植えをした跡、深水管理を行って、水の中の微生物がワラや株を基質にして、様々な物質を作り出し、稲に養分を与えてくれます。

ですからむやみに何度も耕すと、ワラや株は分解が促進されてしまうので、分解しにくい状態の管理をしなければなりません。

小生の場合、今年の春に無肥料栽培をしようと決めたので、その管理が出来ませんでした。さらにワラを燃やしてしまったので、本当にもったいないことをしてしまったのです。

それでもそこそこ稲は成長してくれました。

来月半ば過ぎから、徐々に刈りいれを始めますが、来年はその点に気を付けて、新たな気持ちで取り組んでいきたいと思っております。

それでも、今日夕方に田んぼを回って、その美しさに見とれました。

その写真を以下に紹介させていただきます。

Image4261

(熟し始めたキヌヒカリ)

Image4251

(夕方の太陽の光と心地よい風を受けてなびくモチ米)

Image4271

(十六年前、小生が始めて自然農法を体験した圃場。今年はモチ米を栽培)

Image4241

(出穂期を迎えた晩生のヒノヒカリ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧